So-net無料ブログ作成

ADHDとアスペルガー症候群 [日記]

ADHDとアスペルガー症候群(1980年代に精神疾患として定義された発達障害の一種です)は、同じような病気だと思われやすいですが、細かく調べていくと幾つか違う点があります。今回はその違いに関して、ご説明していきます。プロの方でもきちんと見分けるのがむずかしいといわれるADHDとアスペルガー症候群(1980年代に精神疾患として定義された発達障害の一種です)だからって、大きな違いが一点あるのですよ。ADHDの特徴として、あまりひとつの物事に集中することができなかったり、落ち着きがなくじっと椅子(安楽椅子や肘掛椅子、スツール、ソファーなど、形状も座り心地も様々です)に座っていることさえも困難であったりすることがあります。さらには、急に行動を起こしたりしますから、みんなが並んでいるのに順番を待っていられなくて割り込んだりしてしまったりすることが多々あったりするのが特徴です。一方、アスペルガー症候群(映画監督のスティーブン・スピルバーグさんやポケモンの生みの親である田尻智さんなどがアスペルガー症候群だと公表しています)は、思い込みやこだわりが強い面が見られ、何かひとつ特定の物に対して好奇心や興味(人によって何にどのくらいというのは違うものです)を異常に見せたりします。ですので、繰り返し行うような動作や作業を得意とします。ADHDとアスペルガー症候群(映画監督のスティーブン・スピルバーグさんやポケモンの生みの親である田尻智さんなどがアスペルガー症候群だと公表しています)の違いはここです。ADHDなんだったら落ち着きがなくじっとしていることができないので、何か1つの物事を集中して行うことは出来ません。むしろアスペルガー症候群(広汎性発達障害の一種で、オーストリアの小児科医だったハンス・アスペルガー氏にちなんで名付けられました)であれね何か特定の物に対して異常なくらい執着を見せたりしますから、集中して作業や動作を行うことが出来ます。いずれにしても、病院へ行って治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を行うに限らず、病気にたいする周囲の理解が必要になるでしょう。病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)を理解せずに、「空気(約八割が窒素、約二割が酸素で構成されており、無色で透明、無臭の気体です)が読めない人」「落ち着きがなく失敗ばかり行う方」として接するのでは無く、病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)を理解しサポートしてあげなくてはならないのです。
nice!(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。