So-net無料ブログ作成
検索選択

飛蚊症(海外では、飛蚊症除去のための手術が [日記]

飛蚊症(海外では、飛蚊症除去のための手術が行われているのだとか)は糸くずやごみっぽい浮遊物が見える病気ですが、実際のところは硝子体(水晶体の後ろにある眼球の器官の一つのことです)が濁って起こる症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)なのですよ。こういった症状を病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)だと思わなかったり、自覚症状が無い人もいるかもしれませんね。硝子体(酸素や栄養分を運ぶ働きもあると考えられています)が濁る要因として、様々なのです。病的な物が原因で生じるケースもあって、何かの病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)である兆候です。飛蚊症(網膜剥離の可能性もゼロではないので、念のため、眼科を受診した方がよいでしょう)が起こるような病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)としては、糖尿病性網膜症(眼底出血や硝子体出血などが起こってしまいます)や網膜裂孔(加齢、強度の近視、外傷などが原因になるそうです)・網膜剥離(ボクサーなどの格闘家の他、テニスプレイヤーや野球選手もかかることがあるそうです)、黄斑変性症やぶどう膜炎(その名前の通り、ぶどう膜に炎症を起こしてしまうことをいいます)でも飛蚊症が起こります。上記みたいな病気が要因で飛蚊症(硝子体を切除する外科手術を行うと消えるそうです)が起こっている場合は、その病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)の治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)を行えば飛蚊症(海外では、飛蚊症除去のための手術が行われているのだとか)の症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)も治まって来るだと言われています。しかし、飛蚊症(硝子体を切除する外科手術を行うと消えるそうです)が起こる要因として、上記みたいな病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)のみならず、老化や疲れ、ストレス等の生理現象が原因で生じる可能性もあるのです。生理現象が原因で起こる場合は、治療法などはないですよね。医学的にも、飛蚊症(生理的飛蚊症や後部硝子体剥離であれね、放置してもおそらく問題はありませんが、時には病気が原因のこともあります)は完治がないといわれるくらいなのです。「治療法がない」「完治がない」と表現してもしまうと、なんだか冷たく聞こえてしまいますねが、生理現象が要因で飛蚊症(目の前に蚊が飛んでいるように、点や糸くずのような黒い影がみえる症状です)が起こっている場合、失明の危険性や視力低下(最近、視力が低下している人だけに文字がみえる細かいドット柄の3Dアートのようなものが一部で話題になりました)の恐れがないため、特に治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)を行わないのです。生理現象が要因で起こっている場合は、疲れやストレス等の原因となるものを取り除かないと、飛蚊症(海外では、飛蚊症除去のための手術が行われているのだとか)の症状は治まることはありません。老化は人間としての自然現象のことですから、除外することはできないものの、老化に対して対処行う事は可能ですよね。例えば、老化が進むと体が酸化していくになるのですが、抗酸化作用(意外なところでは、バナナも抗酸化力の強い食べ物なんだとか)のあるビタミン(不足するとビタミン欠乏症を起こしてしまいますが、一度にたくさん摂取すれねいいというものでもありません)類を積極的に摂取したりするなど、老化の進行を遅らせることは可能でしょう。
nice!(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。