So-net無料ブログ作成
検索選択

頸椎ヘルニアを患う一番の要因として [日記]

頸椎ヘルニアを患う一番の要因としては加齢が原因のものだといわれているものですが、最近では20台の人でも頸椎ヘルニアを発症してしまうケースがたくさん見られるとなっています。それでは、どうして頚椎ヘルニア(X線検査やMRI、CT検査などの検査を行って診断します)になってしまいますからしょうか。人間の身体の組織は、年齢とともに必ず老化していきますが、その中でも椎間板は一番早く老化が始まると言われているものです。つまり、加齢に伴う筋力(適度についていると、かっこいいプロポーションが保てます。最近では、電気刺激でつけられるなんていうダイエット器具もよく売られていますよね)や骨、関節の衰えという、首の老化が主な原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)で、頚椎ヘルニア(脊柱頚部の七つある椎骨のうち、第四腭椎と第五腭椎の間の下位腭椎で最も多く起こります)は引き起こされているのです。けれど、近頃はパソコン(アメリカのインテル社のCPUが八割くらいの確率で使われているそうです。まさに、「インテル入ってる」ですよね)が普及し、毎日のデスクワーク(スーパー事務員のオダギリ展子さんの著書やサイトを読むと、事務仕事への概念が変わるかもしれません)で、長時間前屈みの無理な姿勢で仕事を続けることが多くなっていますね。この姿勢は首や腰にも大きな負担を掛ける事になってしまって、その結果として頚椎ヘルニアを発症する原因にもなってしまうのです。また、激しいスポーツのやり過ぎや事故によるムチウチという外からの強い衝撃を受ける事も、頚椎ヘルニア(X線検査やMRI、CT検査などの検査を行って診断します)の原因となり得ます。このように、全ての人に当てはまるわけではないでしょうが、デスクワーク(たかが事務仕事と考えがちですが、効率よく行うためにはそれなりのコツがあります)で長時間座りっぱなしの人や衝撃を受けるようなスポーツを長く続けて行っている方は、頚椎ヘルニア(脊柱頚部の七つある椎骨のうち、第四腭椎と第五腭椎の間の下位腭椎で最も多く起こります)を患う可能性が高くなると考えられるのです。年齢による老化は避けられないのです。でも、上記っぽい外部の要因で頚椎に負担を掛ける事は自分が思っていることで避ける事が可能ですので、日常から痛みや違和感がある等の自覚出来る症状がある場合は、注意して生活するようにされて下さい。
nice!(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。