So-net無料ブログ作成
-| 2014年01月 |2014年02月 ブログトップ

活き活き乳酸菌って効果あり [日記]

活き活き乳酸菌って健康に効果がありますね。L92乳酸菌は、「ラクトバチルス・アシドフィルスL92株(昔からある投資法の一つですね。バブルの頃にはブームにもなりました)」というのが正式名称。カルピス社が発見・保有している2000株(昔からある投資法の一つですね。バブルの頃にはブームにもなりました)の中から選ばれた、生きたまま腸に届く優れた乳酸菌です。食品から摂った乳酸菌の99%以上は胃酸や胆汁(一日に600ミリリットル分泌され、摂取した脂肪を分解しやすくします)により、ほとんどが死滅してしまうのです。しかし、その中にはわずかに生き残り、腸まで到達するものがあるのです。L92乳酸菌はそんな乳酸菌のひとつ。胃酸に強い性質を持ち、腸に届いたL92乳酸菌は、免疫バランスを整え、アレルギーを改善する働きがある事が指摘されているのです。アレルギーに関係しているのが、Th1細胞とTh2細胞といわれている2種類の免疫細胞。この二種類の免疫細胞は、バランスを保ちながら、免疫反応をコントロール(スポーツなどではひたすら練習することで身につくはずです)する役割を果たしているのです。でも、食事の習慣の乱れなど、何かの原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)によって、このバランスが崩れてしまってTh2型に偏ると、IgE抗体が過剰に分泌されます。この過剰に分泌されたIgE抗体が、花粉やハウスダスト(掃除機はゆっくりと縦横にかけるといいそうですよ)なんかのアレルゲン(食品の場合には、加熱することでアレルギー反応が起こらないケースもあります)と反応して、アレルギー症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が発症すると考えられています。L92乳酸菌には、Th1細胞を活性化させる作用があり、免疫のバランスを整えます。その為、アトピー性皮膚炎(西洋医学ではステロイド剤を使うなどした対症療法が中心となっています)や通年性皮膚(実は常在菌がいるそうです。そう考えるとちょっと怖いかもしれません)炎、花粉症などによいといわれていて、臨床実験でも実際にそういった結果がでているとのこと。このL92乳酸菌をふんだんにとりいれた健康食品が、カルピス社が自信を持っておくる「アルケア」。アトピー協会推薦のアレルゲン(アレルギーの原因となる物質のことで、人によっても畭なるでしょう)フリー製品で、粒状のものとドリンクタイプがあり、ドリンクタイプはカルピスのオンラインショップ(店舗、お店のことですね)でのみ販売。ほかに、静岡県限定で、L-92乳酸菌が含まれたヨーグルト(腸内環境を整えたり、骨を強くするなどの効果が期待できると考えられています)「乳酸菌生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)ヨーグルト(ソフトヨーグルト、ハードヨーグルト、飲むヨーグルト、フローズンヨーグルトの四種類に分けられます)」も発売されています。

nice!(0) 
共通テーマ:美容

頸椎ヘルニアを患う一番の要因として [日記]

頸椎ヘルニアを患う一番の要因としては加齢が原因のものだといわれているものですが、最近では20台の人でも頸椎ヘルニアを発症してしまうケースがたくさん見られるとなっています。それでは、どうして頚椎ヘルニア(X線検査やMRI、CT検査などの検査を行って診断します)になってしまいますからしょうか。人間の身体の組織は、年齢とともに必ず老化していきますが、その中でも椎間板は一番早く老化が始まると言われているものです。つまり、加齢に伴う筋力(適度についていると、かっこいいプロポーションが保てます。最近では、電気刺激でつけられるなんていうダイエット器具もよく売られていますよね)や骨、関節の衰えという、首の老化が主な原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)で、頚椎ヘルニア(脊柱頚部の七つある椎骨のうち、第四腭椎と第五腭椎の間の下位腭椎で最も多く起こります)は引き起こされているのです。けれど、近頃はパソコン(アメリカのインテル社のCPUが八割くらいの確率で使われているそうです。まさに、「インテル入ってる」ですよね)が普及し、毎日のデスクワーク(スーパー事務員のオダギリ展子さんの著書やサイトを読むと、事務仕事への概念が変わるかもしれません)で、長時間前屈みの無理な姿勢で仕事を続けることが多くなっていますね。この姿勢は首や腰にも大きな負担を掛ける事になってしまって、その結果として頚椎ヘルニアを発症する原因にもなってしまうのです。また、激しいスポーツのやり過ぎや事故によるムチウチという外からの強い衝撃を受ける事も、頚椎ヘルニア(X線検査やMRI、CT検査などの検査を行って診断します)の原因となり得ます。このように、全ての人に当てはまるわけではないでしょうが、デスクワーク(たかが事務仕事と考えがちですが、効率よく行うためにはそれなりのコツがあります)で長時間座りっぱなしの人や衝撃を受けるようなスポーツを長く続けて行っている方は、頚椎ヘルニア(脊柱頚部の七つある椎骨のうち、第四腭椎と第五腭椎の間の下位腭椎で最も多く起こります)を患う可能性が高くなると考えられるのです。年齢による老化は避けられないのです。でも、上記っぽい外部の要因で頚椎に負担を掛ける事は自分が思っていることで避ける事が可能ですので、日常から痛みや違和感がある等の自覚出来る症状がある場合は、注意して生活するようにされて下さい。
nice!(0) 
共通テーマ:美容

飛蚊症(海外では、飛蚊症除去のための手術が [日記]

飛蚊症(海外では、飛蚊症除去のための手術が行われているのだとか)は糸くずやごみっぽい浮遊物が見える病気ですが、実際のところは硝子体(水晶体の後ろにある眼球の器官の一つのことです)が濁って起こる症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)なのですよ。こういった症状を病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)だと思わなかったり、自覚症状が無い人もいるかもしれませんね。硝子体(酸素や栄養分を運ぶ働きもあると考えられています)が濁る要因として、様々なのです。病的な物が原因で生じるケースもあって、何かの病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)である兆候です。飛蚊症(網膜剥離の可能性もゼロではないので、念のため、眼科を受診した方がよいでしょう)が起こるような病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)としては、糖尿病性網膜症(眼底出血や硝子体出血などが起こってしまいます)や網膜裂孔(加齢、強度の近視、外傷などが原因になるそうです)・網膜剥離(ボクサーなどの格闘家の他、テニスプレイヤーや野球選手もかかることがあるそうです)、黄斑変性症やぶどう膜炎(その名前の通り、ぶどう膜に炎症を起こしてしまうことをいいます)でも飛蚊症が起こります。上記みたいな病気が要因で飛蚊症(硝子体を切除する外科手術を行うと消えるそうです)が起こっている場合は、その病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)の治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)を行えば飛蚊症(海外では、飛蚊症除去のための手術が行われているのだとか)の症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)も治まって来るだと言われています。しかし、飛蚊症(硝子体を切除する外科手術を行うと消えるそうです)が起こる要因として、上記みたいな病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)のみならず、老化や疲れ、ストレス等の生理現象が原因で生じる可能性もあるのです。生理現象が原因で起こる場合は、治療法などはないですよね。医学的にも、飛蚊症(生理的飛蚊症や後部硝子体剥離であれね、放置してもおそらく問題はありませんが、時には病気が原因のこともあります)は完治がないといわれるくらいなのです。「治療法がない」「完治がない」と表現してもしまうと、なんだか冷たく聞こえてしまいますねが、生理現象が要因で飛蚊症(目の前に蚊が飛んでいるように、点や糸くずのような黒い影がみえる症状です)が起こっている場合、失明の危険性や視力低下(最近、視力が低下している人だけに文字がみえる細かいドット柄の3Dアートのようなものが一部で話題になりました)の恐れがないため、特に治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)を行わないのです。生理現象が要因で起こっている場合は、疲れやストレス等の原因となるものを取り除かないと、飛蚊症(海外では、飛蚊症除去のための手術が行われているのだとか)の症状は治まることはありません。老化は人間としての自然現象のことですから、除外することはできないものの、老化に対して対処行う事は可能ですよね。例えば、老化が進むと体が酸化していくになるのですが、抗酸化作用(意外なところでは、バナナも抗酸化力の強い食べ物なんだとか)のあるビタミン(不足するとビタミン欠乏症を起こしてしまいますが、一度にたくさん摂取すれねいいというものでもありません)類を積極的に摂取したりするなど、老化の進行を遅らせることは可能でしょう。
nice!(0) 
共通テーマ:美容

沢山のメーカー(時々、どうしてこんな製品 [日記]

沢山のメーカー(時々、どうしてこんな製品がと思うようなものが売られていることもあります)から様々な種類の青汁(ケールや大麦若葉、緑茶、桑の葉、青じそなど、色々な成分の青汁が増えているようです)が出ていますが、えがおの青汁は消費者の立場に立ち、安全で安心して飲める青汁を一番に考えて作られているんですね。そのため、土作りから無農薬栽培に至るまで、徹底的にこだわっていますのです。また、原料の入荷から商品の最終出荷までの工程は全て認定工場で管理されていて、製造過程の安全性にも当たり前のことですがこだわっているみたいです。えがおの青汁(手軽に葉緑素、カルシウム、食物繊維、ベータカロチン、ビタミンAやCなどの栄養素が摂取できることから人気を集めています)の主成分となっている大麦若葉(ビタミンやミネラル、酵素などを豊富に含んでおり、血行促進効果やコレステロール値を下げる効果が期待できるといわれています)は、キレイな水と澄んだ空気(約八割が窒素、約二割が酸素で構成されており、無色で透明、無臭の気体です)に恵まれている熊本県の雄大な阿蘇の自然の中で栽培されたかも知れません。無農薬栽培で作られている国産の大麦若葉(日本では、ケールと並んで青汁の原料となっている植物ですね)は、葉の緑も濃く素材本来の甘みがギュッと凝縮されているのでに、青汁(ケールや大麦若葉、緑茶、桑の葉、青じそなど、色々な成分の青汁が増えているようです)作りには最適だと言えます。それ以外にも、各種ビタミン(水溶性ビタミン、脂溶性ビタミン、ビタミン様物質の三種類に大別されています)やミネラル(カルシウムや亜鉛、鉄分などが有名ですね。不足すると、深刻な不調が現れてしまいます)、ポリフェノールをたくさん含有している与那国島の「長命草」や、ちかごろの生活習慣(健康のために改善する場合には、まず食生活と嗜好品の摂取、睡眠、入浴などを見直すことが多いでしょう)対策のための生姜パワー(最近では、セクハラだけでなく、パワハラなんていう言葉も一般的に使われるようになりました)に着目して、辛味や匂いを抑えて有用成分を高めた「発酵黒生姜」を配合するなど、他の青汁(ケールや大麦若葉、緑茶、桑の葉、青じそなど、色々な成分の青汁が増えているようです)には含まれていない栄養価を加えている所も、えがおの青汁(ケールや大麦若葉、緑茶、桑の葉、青じそなど、色々な成分の青汁が増えているようです)の特徴としてあげられます。飲み始めた方の口コミでは、「抹茶(碾茶を臼で挽いて細かな粉末にしたものです)風味なので、小さな子どもでも嫌がらずに飲んでくれた」「体が疲れにくくなった」「便秘(弛緩性便秘、直腸性便秘、痙攣性便秘といった種類があります)気味だったけれど便通が改善したので、肌の調子が良くなった」など、のみやすい味だけじゃなく、栄養成分面での効果を実感行っている方もいるみたいです。独特の苦味やクセもなく、たいへん飲みやすいと評判ですし、何より栄養価がプラスされている所が魅力的ではないでしょうか。
nice!(0) 
共通テーマ:美容

視力の低下が少し気になるなど [日記]

最近、パソコン(OSとしては、マイクロソフトのWindowsやアップルのMac OS Xが一般的でしょう)での作業が多くなって、夜になってしまった場合目がチカチカしてしまったり、視力の低下が少し気になるなど、目の疲れにお悩みのあなたにおすすめのサプリメント(時に医薬品と同じくらいの効果がある製品もありますから、服用の際には注意が必要です)がありますよね。「えがおのブルーベリー」と言うサプリメント(忙しい現代人の必需品、そんな風にいうこともできるかもしれません。)を御存知でしょうか?ブルーベリーには、眼精疲労(病気の症状の一つとして眼に出ているのかもしれません)に効果が高いと言われている「アントシアニン(アントシアニジンに糖が結合したもので、植物の色素になります)」と言う成分が含まれているのです。ブルーベリーにもいろいろと種類(コレクターは全て揃えたくなってしまうものです)があり、その中で最もアントシアニン(目の疲れに効果的な成分だといわれています)を多く含んでいると呼ねれているのが、北欧産の野生のビルベリーなんですね。えがおのブルーベリーは、この北欧産のビルベリーを使って作られたサプリメントです。実は、このアントシアニン(赤や紫、青などの色を発色するフラビン色素です)と言う成分は、とても酸化しやすい成分で変質しやすいだと言えるのです。しかし、えがおのブルーベリーは特殊な製法でビルベリーエキスを抽出しているので、アントシアニン(摂取してから二十四時間経つと、その効果はなくなってしまうのだとか)が酸化する心配がありません。加えて、凝縮してできていますので、体の中での吸収率がUPしているのも特徴の一つになります。紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)を吸収してくれる働きを持っているルテインやメグスリノキエキスなど、日頃の食事からではあまりとることが出来ない成分も含まれている為、目に限らず体の健康維持にも良いサプリメントだったらす。実際に、えがおブルーベリーのサプリを飲み長く続けている方の中には、今まで読みにくかった新聞(勧誘員がしつこくて嫌だなんて話もよく聞きますね)や文庫本などがすらすら読めるようになったと言う方もおられるのです。一日にたった1粒だけ飲めばいいという手軽さから、2ヶ月以上飲み続けられている方も多いみたいです。
nice!(0) 
共通テーマ:美容

最近、疲れが蓄積されてイライラし [日記]

最近、疲れが蓄積されてイライラしてしまいはいないでしょうか?ママ(お子さんがいる女性を○○ちゃんのママと呼んだり、夫婦でもパパ・ママと呼び合うようになることが多いようです)の顔から笑顔が消えると、家の中まで暗くなってしまうそうですよね。そこで、毎日いそがしい女性のためにと登場したのが、えがおのニンニク卵黄です。このえがおのにんにく卵黄の特徴は、何といっても配合してある有効成分へのこだわりとその多さでしょう。まず、一番大切なニンニクとは言え、においを抑えてた三種類の国産大蒜を混合しているみたいです。国産のにんにくのなかでも高い人気を誇っているホワイト六片、無農薬栽培された安全な無臭にんにく、そして、温度と湿度をコントロール(技術面だけでなく、メンタル面でもできるようになるといいですよね)しながら約一か月かけて発酵させた、発酵黒にんにくです。特に、発酵黒大蒜は、発酵させることにより、抗酸化酵素(体内で化学変化を起こす触媒的な存在です。たくさんの種類があり、一種類で一つの働きしかしないといわれています)やポリフェノールの量を生の大蒜の約十倍に増加させいるでしょうね。次に、契約養鶏場の貴重な卵から抽出された卵黄油。レシチンやリノール酸などといった不飽和脂肪酸が豊富ですから、疲れた体や肩・腰のコリに効果が期待できます。こ以外にも、女性にとってはうれしいローヤルゼリーを惜しげもなく配合しいますから、体質(生活習慣を見直すことで、ある程度変えることができるでしょう)改善や若返り等に効果的です。このように、えがおのニンニク卵黄は、毎日の健康に限らず、女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)の事も考えた成分を配合することによって、どのような方でも毎日笑顔でいられるように作られているのです。実際に試してみた方のクチコミでも、「すぐに効果が高くて、飲んだ次の日の朝はラクに起きることができてた」「夜までパワー(強い方がいいですが、あまりに強すぎると制御がきかなくなってしまう可能性もあるかもしれません)が続くので、イライラしてしまう事が少なくなった」「全く臭わないため、仕ことがある日でも安心」等、その効果に笑顔で満足されていらっしゃるでしょうねね。
nice!(0) 
共通テーマ:美容

ADHDとアスペルガー症候群 [日記]

ADHDとアスペルガー症候群(1980年代に精神疾患として定義された発達障害の一種です)は、同じような病気だと思われやすいですが、細かく調べていくと幾つか違う点があります。今回はその違いに関して、ご説明していきます。プロの方でもきちんと見分けるのがむずかしいといわれるADHDとアスペルガー症候群(1980年代に精神疾患として定義された発達障害の一種です)だからって、大きな違いが一点あるのですよ。ADHDの特徴として、あまりひとつの物事に集中することができなかったり、落ち着きがなくじっと椅子(安楽椅子や肘掛椅子、スツール、ソファーなど、形状も座り心地も様々です)に座っていることさえも困難であったりすることがあります。さらには、急に行動を起こしたりしますから、みんなが並んでいるのに順番を待っていられなくて割り込んだりしてしまったりすることが多々あったりするのが特徴です。一方、アスペルガー症候群(映画監督のスティーブン・スピルバーグさんやポケモンの生みの親である田尻智さんなどがアスペルガー症候群だと公表しています)は、思い込みやこだわりが強い面が見られ、何かひとつ特定の物に対して好奇心や興味(人によって何にどのくらいというのは違うものです)を異常に見せたりします。ですので、繰り返し行うような動作や作業を得意とします。ADHDとアスペルガー症候群(映画監督のスティーブン・スピルバーグさんやポケモンの生みの親である田尻智さんなどがアスペルガー症候群だと公表しています)の違いはここです。ADHDなんだったら落ち着きがなくじっとしていることができないので、何か1つの物事を集中して行うことは出来ません。むしろアスペルガー症候群(広汎性発達障害の一種で、オーストリアの小児科医だったハンス・アスペルガー氏にちなんで名付けられました)であれね何か特定の物に対して異常なくらい執着を見せたりしますから、集中して作業や動作を行うことが出来ます。いずれにしても、病院へ行って治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を行うに限らず、病気にたいする周囲の理解が必要になるでしょう。病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)を理解せずに、「空気(約八割が窒素、約二割が酸素で構成されており、無色で透明、無臭の気体です)が読めない人」「落ち着きがなく失敗ばかり行う方」として接するのでは無く、病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)を理解しサポートしてあげなくてはならないのです。
nice!(0) 
共通テーマ:美容

-|2014年01月 |2014年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。